街歩き 渋谷・銀座 刺激的な1日

街歩き 渋谷・銀座 刺激的な1日

限られた4時間という時間の中でどこまで楽しめるか!

いってみよー

3月17日の街歩き

渋谷駅 NADiff modern「額ブち展」へ-AM10:20

わたしが最近ひそやかにハマり始めているビーズ刺繍

というのも、こちらのお方の作品に衝撃を受けたのです

View this post on Instagram

【個展のおしらせ】 3/1〜4/14の1ヶ月半!渋谷東急BunkamuraのNADiff modernさんのギャラリーで個展をやります!! 大好きな場所で1ヶ月半も個展やらせて頂けるなんて嬉しさの極み!! 「額ブち展」 Mutsumi Yoshimaru exhibition 2019.3.1(金)〜4.14(日) 会場:NADiff modern 「額ブち」とは…絵画の様に額装されたビーズ刺繍作品に、取り外し可能なブローチを付ける事によってはじめてひとつの作品になる。 (写真は「悟空ねこのブ」+「おニャカさまの額」=「ニャン遊記の額ブち」) 「ブローチ」から始まり、「ブ帽」ときて今回の「額ブち」となり、今までの集大成的な個展になります! 額ブち作品のほかに、ブローチや耳ものも展示販売しますし、期間中も続々と新作を投入しつづける予定です。 なのでなるべく在廊も(作業しながら)たくさん出来ればと思っております😺 ナディッフさんは店内をぐるっと見回すだけでもかなり刺激的で楽しいです😊 お隣のBunkamuraミュージアムでプーさん展を見がてら、展示を見にきて頂けたら嬉しいです! 宜しくお願いいたします💫💫 #吉丸睦 #accessorycrepe #nadiffmodern #額ブち

A post shared by mutsumiyoshimaru (@mutsumiyoshimaru) on

「か、かわいい こんな表現方法があるんだ!」

本能でしょうか 完全にこのビーズの世界観に魅せられてしまいました

それからというもの吉祥寺のコットンフィールドの閉店のタイミングということもあり

取り憑かれたようにビーズを買いあさっています

そして、実物をどうしても拝みたくてこちらへ

NADiff modernは初めて来ました

東急百貨店に接続しているbunkamuraの地下1階

中庭に面して美しい外観のNADiiff modernです

ちょうど向かい側ではクマのプーさん展が開催されています

 

初めて目にした吉村睦さんのビーズ刺繍作品は

インスタで拝見するよりもビーズが光によってキラキラしていて、想像以上の美しさでした、

その美しさと可愛らしいデザインがマッチ

さらにブローチであるビーズ刺繍が額に収まることで作品が完成する「額ブち」

一つ一つ素敵な額に収まりキラキラと光を放っていて、長い時間眺めていました。

いろいろ調べてみたのですが、ビーズ刺繍って同じサイズ感のビーズを使っているものが多くて

そうなるとわたしはあまり魅力的に感じなかったんです

だから色んな種類のビーズを散りばめた吉村さんの作品の爆発力と来たら

自由に発想して、かたちにして良いんだっていうことを感じさせられました

「額ブち展」

会期  2019年3月1日-4月14日

場所  NADiff modern (2F Gallery)

住所  東京都渋谷区道玄坂2-24-1 BunkamuraB1

時間  10:00-20:00 金土10:00-21:00

HP告知

新橋駅からトリバコーヒーのポップアップショップ 明天豆花へ-AM11:00

念願の「明天豆花」 です!

このお話はながーく報告しておりますよ

東京銀座資生堂ビル SHISEIDO GALLERY-AM11:40

トリバコーヒーからすぐのところにある東京銀座資生堂ビル

パーラーやレストランだけでなくギャラリーがあったので立ち寄ってみました

道を渡ろうとふと上を見上げたら

「花椿通り」

あっ、あの企業文化誌「花椿」はもしかしてここから来ているのかな

あまり写真は撮っていないのですが1階入り口から地下へと進むと

白い滑らかな壁に包まれたギャラリーが出現

ちょうどこの日までの会期だった

「アートが日常を変える 福村現三の美学」を観ることができました

会期中にワークショップも多く行われていたようです。

ほかにもこれまでに面白そうな展示がされていたようなので

今後は都度足を運んでみようと思いました

 

SHISEIDOGALLERY

場所  東京銀座資生堂ビル地下1階

住所  東京都中央区銀座8-8-3

時間  火-土 11:00-19:00 日祝 11:00-18:00

休み  月

HP

Ginza Sony Parkへ -PM12:10

なぜここがノーマークになっていたんだろう

銀座ソニービル解体後に出現したGinza Sony Park

恐らく子供出現後の忙しいタイミングと重なり、訪れる機会を失っていて

今回初めて足を踏み入れた

圧倒された

地上部分にあった「アヲ GINZA TOKYOのプラントハンター西畠清順なんて

狭小ジャングルの大好物である このタイミングでカメラの充電が切れてしまう

藤原ヒロシ氏のTHE CONVENI

す、すごいわたしたちが欲しいと思うものが多い上に、やりたいことを全てカタチにしちゃっている

AAARは、デジタルクリエイターによるAR エキシビジョンで

以前21_21で開催された音のアーキテクチャにも出ていた

北千住デザインの作品があったので、やってみました

ウーちゃんで試す

B2とB3にかけて「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」が開催されていた

TOKYO ART BOOK FAIRという結構大きなイベント

1か月間毎週末出店者が異なるというのも面白い

色とりどり目にしたことのない作品の数々に圧倒された

帰りに頂いた紹介本を見ていたら、week5 4/6,7出演者に破壊力のある方がいた

沼田元氣

Week: 5th Week|2019年4月06日(土)ー 4月07日(日)

10年の沈黙を破り発表するのは介護のアートブック写真集。沼田元氣は、この10年の間、本を出さず何をしていたか? 90代の母を介護しつつアートブックを作っていた。スーパーマザコン介護写真『RULIX』は288ページにわたり介護をアートブックに仕立てた初めての試み。脳梗塞発症から、介護、危篤、看取り、葬儀の準備中生き返り、更に要介護5の生活が始まり、2018年本当のの葬儀の模様までのドキュメンタリーアートブックとして出品します。

288ページの介護アートブック!?

とにかくみんな自由で刺激的

Ginza Sony Park

住所  東京都中央区銀座5-3-1

時間  5:00-24:30(店舗により時間が異なる)

休み  1月1日

HP

街歩きカテゴリの最新記事